便利なコト

Air Pods Pro、Air Pods 1~2世代のケースをキーホルダーに付けてみました。

ワイヤレス充電対応のAirPods Proが出ましたね。

この記事では
AirPods Proのシリコンケース』と
『AirPods第1〜2世代の革ケース』を
Amazonで購入し付けてみました。

ケースの種類

シリコンで包むタイプ

先ず考えたのはシリコンで包むタイプ。

蓋の部分は別パーツになっていて帽子みたいにかぶせておくものが主流のようです。

でもポケットの中で勝手に蓋が開くのではと思いましたが。
勝手に蓋が開かないようにフタ部分をペロンとめくりあげて開封というのも有るみたいで、安心。

選択肢の多さに選んでいてワクワクしました。
ネットで選びきれず、東京出張の時に家電量販店にも見に行きましたが選びきれず。

カラビナやキーホルダーリングが付いているのが多いのですが、ニューーーと引っ張った時にブチンと切れてしまうのではという心配が頭をよぎり、なかなか選べなかったのです。

ベルトフックのプラスチックを付けるタイプ

家電量販店で見かけたのですが、ズボンやスカートのベルトに万歩計やポケットベルみたいに付けるタイプのが有りました。良いなぁと思ったのですが、腰に付けておくのは今回の目的では無かったので購入せず。

革や布のケース

シリコンの次に探したのは革や布のケース。

これならズボンのポケットの中に鍵と共に入れても大きく傷が付いたり勝手に蓋が開くことは無いだろうと思ったのです。革や布ならカラビナやキーホルダーリングがブチンと切れる事も少ないような気がしたのです。

革や布のケースから選ぼうという方針は決まりましたが、どれも魅力的で選びきれない私。

でも、いつまでもジッパー付きの袋に入れてポケットに突っ込んでおくのも何なので、先ず1つ買ってみる事にしました。

Air Pods Pro用

先ず、どれを買おうか検討

Air Pod ProのケースをAmazonで見てみました。

そして購入


私が買ったのはAmazonのこのお店

どうやらAmazonの別のお店では色々な色が有るみたい。

装着してみました

 

うん、良い感じ。
私のズボンのポッケの中のホコリが付着していてお恥ずかしい(汗

付属カラビナを外して直接キーホルダーに装着というのもやってみましたが、キーホルダーの細い金属でニューンと引っ張りの力が集まると千切れるのではという不安が有り、カラビナを使用。

次は革のケースを探して装着し、こちらに追記いたします。

Air Pods 第1世代、第2世代用

ATiCというメーカーのレザー製保護ケースを購入(背面の穴の場所が第2世代には合いませんが使えます)

製品名の「Apple AirPods ケース – ATiC Apple AirPods 1/2世代適用 高品質なレザー製 保護ケース 収納バッグ」の通り1世代も2世代も入ります

私は第2世代のワイヤレス充電タイプを入れました
ワイヤレスでの充電は未だ試しておりませんが、ケースの素材が革なのでケース本体を取り出して行った方が良いと思います。(革ケースに入れっぱなしでのワイヤレス充電を試したら、結果を追記します)

革ケースの背面ボタン用の穴は第1世代の場所です。
背面のボタンの位置が第1世代と第2世代で違うので、そのボタンは押せませんが大きな傷をつけたく無いという目的は達成できました。(穴の部分は仕方が無いです)

携帯GPS「Bsize BoT」を入れるというレビュー

Amazonのレビューを見ていたら携帯GPS「Bsize BoT」がという言葉が多く出てきました。

どうやら携帯GPS「Bsize BoT」がスッポリと入るサイズで、その需要もあるみたい。ただ1度入れるとなかなか出てこないらしい。GPSを充電するコネクタの位置がAirPodsと同じとの事で問題なしとの事。

キーホルダーに装着してみました

キーホルダーに装着するとこんな感じ。

ポケットの中で本体ケースが傷ついたり(充電コネクタ穴と背面の穴以外)、ポケットの中で勝手に蓋が空いてしまう事が無いので安心なのです。

ズボンのポケットがパンパンに膨れ上がるので、先にAirPodsケース、次に鍵の部分の順にポケットに入れると平たく入ります

使用する時は本体下部を押してニュッと押し上げます

使用する時はケース下部をニュッと押し上げる必要が有ります。

 

色やデザインが豊富

2019年4月3日時点で10種類の色やデザインが有りました。(3月末に見た時は6種類ぐらいだったのですが増えました。)

結論

AirPodsの革ケースを購入したら良い塩梅でした。

 

いかがでしたでしょうか?
私の評価・おすすめ・口コミ・レビュー文章が何かの参考になりますと幸いです。
この他にも便利なコトをこちらのページ『便利なコト』にまとめて有ります。宜しければご覧ください。