便利なコト

運動不足の解消のため、歩行補助器 aLQ(アルク)を使って歩いてます。 口コミ・レビュー・おすすめ

私ですが仕事で1日中座っている事が多いのです。

そんな毎日では運動不足になってしまいます。

なので、aLQ(アルク)という歩行補助器を使ったり、スタンディングデスクという立って仕事をする机を併用して運動不足を解消しております。

このページではaLQ(アルク)についてご紹介します。

梅田
梅田
バネのチカラで、歩く動作をアシストしてくれるのです。電池やモーター不要でとにかく軽い!

私の場合、腰の痛みの原因は筋力低下

私ですが、定期的に腰が痛くなります。

近所の整形外科の先生のお話では、私の場合は運動不足で足腰が弱っている時に腰が痛くなる行動をしているとの事。

確かに、大掃除や草むしりなど筋肉を無理に使った日に腰痛が発生。

オフィスで頑張って仕事しても筋肉は動いていないから筋力が低下、週に1度は出張しておりますが移動距離は増えているようにみえても電車・バスに乗っている距離なので筋肉は動いていないのです。

低下した筋力は、歩いて鍛える

自宅の自分の部屋にウォーキングマシンなども有りますが、仕事で疲れて帰って来ると歩こうという意欲が湧きません。

なお、ぶら下がる懸垂マシンは毎朝スーツに着替える前に使ってます。スーツに着替える前は懸垂という風に習慣化したところ2年間続いております。はい、休日はスーツに着替えないので見事にやり忘れます。

そんな私ですが、通勤は自動車は20〜30分、徒歩の場合は45分。

あ、歩いてもあんまり変わらない。

という事で、できる限り徒歩通勤をすることにしました。
以下の写真は寒い時期の服装です。このズボンの上からaLQを装着します。

ウォーキングって全身の80%筋肉が動くからお得

日本ダイエット健康協会のダイエット検定1級テキスト(amazon)によると

普段の生活で何気なく、しかも頻繁に行う歩行(ウォーキング)は、全身の80%以上の筋肉が参加するという、素晴らしい全身運動で

と有ります。

意外かもしれませんが、歩行って効率的なのです。

自動車通勤の片道20〜30分を徒歩通勤45分に切り替えるだけで運動が出来てしまうのはお得だなぁと思いました。

しかも歩き始めたら引き返せないのでゴールまで歩けてしまう。歩き始めたら歩ききるしか無いので、途中で止めようと思っても仕方なく続けれます。

そのうえポケモンGo(スマホのゲーム)で歩いた距離や道中にある神社などでアイテムが貰えるので、歩くのが更に楽しくなってきました。

歩きスマホ防止のため左手にはポケモンGo Plusというスイッチ型装置(amazon)(ローソン,家電屋,オモチャ屋などで売ってます メーカー希望小売価格3,780円(税込))を握りしめてます。

とにかく軽い

aLQを使い始めたのは、実家の父からaLQを貸して貰ったというのが発端。

このaLQ(アルク)はバネと振り子のチカラで歩行時に足を前に出すサポートをしてくれる機器。動力がバネだけなのでバッテリー不要、モーターなどの部品が無いので軽いので、装着やメンテナンスのストレス無し。

このaLQ(アルク)は左右セットで販売しています。

右脚を前に出した時に左脚に溜まったエネルギーを用いてで左脚が前に出るサポート。次は左脚が前に出た時に右脚にエネルギーが溜まって次の一歩のエネルギーになる。この交互の繰り返しでエネルギーをバネに溜める仕組みなので左右セットなのです。

装着してても、ほとんど目立たない

そして両脚に各々簡単に装着できて目立ちません。

どれだけ目立たないかというとコンビニに寄っても誰もジロジロと見てこない。1度だけ電車内でつり革につかまってボーッとしていたら座席に座っていた学生さんが「足、痛かったら変わりますよ」と言ってくださった程度。

世の中、あまり他人に興味が無いもの。

だからほとんど目立たないのです。

フワッと脚を前に引っ張ってくれる

さっそく装着して歩いてみると、後ろの足を前に踏み出す時にフワッと前に引っ張る如くアシストしてくれる。

製造元の今仙電機製作所のホームページによると2割ぐらい楽になるそうで。

2割と言ってもあなどるなかれ!
歩くのが辛い時にアシストして貰える事が気持ちと身体の支えになり、次の1歩を踏み出す勇気にも繋がるのです。

aLQの製造元は今仙電機製作所という愛知県犬山市のメーカー

この製造元の今仙電機製作所という会社ですが、車の部品製造メーカーなので駆動させる装置作りのノウハウが詰まっています。

歩行ロボットの無動力歩行の最長記録をお持ちの名古屋工業大学 佐野教授との開発との事で、車作りと歩行ロボット分野の融合で生まれたステキな商品。

調べてみると今仙電機製作所の子会社である今仙技術研究所では義足や電動車椅子製造で各々45年以上の実績が有るそうです。

感想

このような様々な技術の融合で生まれたaLQ(アルク)を装着した私の感想は以下の通り。

数日ほど歩くうちに歩く速度が速くなっている。


おそらく筋肉がスムーズに動くようになった又は
筋力が少しついてきているような感じがします。

歩く習慣をつけたい時や、歩く時にフワッとした手助けが欲しい時に役に立つと思いました。

メディアでも定期的に紹介されています

このaLQ(アルク)ですが、以下のような感じで各種メディアでも取り上げられてます。

毎日新聞 2017517
日刊工業新聞 2017518
・中日新聞 2017年6月1日
・スーパーJチャンネル(放送局テレビ朝日) 2017年6月17日
三重ふるさと新聞 2018118
三重ふるさと新聞 2018615
朝日新聞 2018626(デジタル版は628)
・つぅぴ〜す 2018年7月号
・三重ふるさと新聞 2018年6月5日
・イッポウ(放送局CBC) 2018年7月4日
日経トレンディ2018年12月号

百貨店など約40店舗で販売中(amazonも有り)

通販は製造元である今仙電機製作所によるamazon直販(amazon)が有ります。

他にもふるさと納税で愛知県犬山市のふるさと納税の返礼品(楽天のふるさと納税ページ)が有ります。ふるさと納税はご存じの通り納税をされた方に返礼品としてその土地の物産・製造品などが届く制度です。

試着してみたいって方は全国に販売店(リンク先 今仙電機製作所)が有ります。2018年11月時点で百貨店など約40店舗以上。リンク先のページの下の方に以下の図のような日本地図(図はリンク先から転載)が有り、その真下に販売店情報があります。

aLQを使ううち、これは自分でも売ってみたいという気持ちになり、2017年11月からaLQの販売代理店(店舗名 aLQ三重)を始めました。
送料は無料(日本全国)・代引き手数料無料です。最後、自分の店の売り込みになってしまってすいません。
外部リンク: aLQ三重

いかがでしたでしょうか?
私の感想・評価・おすすめ・口コミ・レビュー文章が何かの参考になりますと幸いです。
この他にも便利なコトをこちらのページ『便利なコト』にまとめて有ります。宜しければご覧ください。